カテゴリー別アーカイブ

もう二度と歩けないと思っていました

【もう二度と自分の足で 歩けないと思っていました】

IMG_6762 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰から足首にかけて激痛があり寝ても起きても痛くて、

つらくてつらくて「もう切って!」と叫んでいた 。

とおっしゃるのは、以前は 車椅子で研究所に来院されていた82歳のご婦人。

 

 

最近では 軽やかに歩いてお越しになります。

 

 

ほら!こんなに歩けるの!

今年は自分の足で歩いて桜を観にいけそうです。とにっこり

 

 

歩けない程の脚の激痛が収まると

腕から肩の痛みとなり腕が上がらなくなりました。

 

 

ここの痛みが収束すると最後は頭痛でした

 

 

今まで気が行かなかった部分の痛みに気が付きはじめたのでしょう

全てが収束したとき、ご主人の健康が気になり始めた

 

 

痛みは気力を奪います

 

 

しかし痛みは治癒のプロセスでもあります

血流を良くして治癒が進むような体質へと改善すること

 

 

またメンタルが起こしていることもあります

痛みが無くなったあとの小さな目標を持っていただくことも重要です

 

 

ケアの影響は下肢だけではなく お肌にも顕著に現れています。

 

 

くすみがとれて透明感がでておられて、どう見てもお若くなられました。

お伝えすると乙女のようにはにかんで。

 

 

お友達にもそう言われたと‥

 

 

女性は 生涯若く美しくあって頂きたい

それは健康であってはじめて叶う事です

 

 

※ピンクの胡蝶蘭は ご主人様から頂きました

ご自身で育てられたそうです

ありがとう存じます

 

 

研究所のフロントで可憐に咲いております

 

新型ウイルス…どうしても電車に乗る時の予防法

今日も芦屋、岡山など遠方からのクライアント様がお越しです

新幹線や電車ってどんな方が近くに乗ってこられるかわからないため不安ですね

(いえいえ 周りの乗車客もそう思っているでしょうけれど…泣)

IMG_6885

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電車はまだ扉が駅に着くたびに開いてくれますが

新幹線は窓を開けることもできず次の駅までが遠いので 

余計に心配といえます

 

 

しかも空気がカンソウしていますから…要注意です

 

 

この時期、なるべく移動を控えたいけれど

どうしても必要なことってありませんか?

 

 

そこで わたくしがアドバイスしていることは

カラダが冷えないように温かくすることはもちろんですが

首にスカーフやマフラーを巻くこと

特に藍染のスカーフはおすすめです

(薬剤を使わずに抽出した藍で染めたものを使いましょう)

 

マイボトルに温かい抗ウイルス系のハーブか

なければ緑茶でもよいので淹れて ちょこちょこ飲んで喉を保湿する

 

 

植物の繊維でできたマスクの内側にガーゼをはさんで頂きます

ガーゼにはポリフェノールを含ませたりティツリーをつける

 

 

(ポリフェノールがタンパク質を吸着することや

抗ウイルス作用があることはすでに研究されています

種類によって強弱はありますが)

 

 

ティツリーに関しては 長くなりそう

なので またの機会に記事に致しますね

 

 

 

もちろん、新型に対してはデータはありませんが

私たちはウイルスに対抗しなければなりません

 

 

なので知りうる限りの対策を打っています

 

 

 

そして特に 重要なことは鼻呼吸することです

 

 

 

そもそも鼻腔はウイルスや菌を体内に入れない機能を備えています

ですが口呼吸すると その機能が使えないのです

 

 

 

 

これだけ徹底抗戦していても鼻から上気道に侵入するウイルスもいます

しかし上気道にある腺毛が粘液を絡めて体外へ押し出してくれます

 

 

 

この機能が働けば

新型ウイルスであっても感染するリスクが著しく低下します

 

 

来所されるクライアント様は

普段から免疫力を高めるライフスタイルをお持ちですので

知識も豊富です

 

 

なので世間が新型ウイルスの話題で持ちきりですが

全く焦りなく防ぎょしておられます

 

 

何があっても健康は自身で守るものです

全部できなくても平気です

どうぞ できることからなさってください

 

 

本日の女性のための代替療法研究所では

ティツリーにレモンをブレンドした香りでいっぱいです

 

 

しっかり鼻から呼吸してくださいね

 

新型コロナウイルスのオフィスでの対処法

新型コロナウイルスで症状の軽い人は上気道に炎症が起こっています

なのでその間は軽い風邪のような症状しかなく空咳がでるのです

IMG_6827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして重症化すると一気に肺炎です

つまり まず上気道でウイルスは増殖していることになり

増殖してから肺での増殖になるということが分かっています

 

 

上気道…つまり鼻腔から咽頭までの部分で

ウイルスが増殖しなければ重い症状にならないで治癒することが考えられますね

 

 

上気道では鼻から入ってきた空気を温め

湿らせ細かいゴミを排除する働きがあります

 

 

また咽頭のワイダイエルの咽頭輪と言われるリンパ組織でウイルスや菌を排除します

鼻腔から咽頭にかけての粘膜にある柔毛が元気であれば

痰や鼻水で流しだすことができるため排除できるのです

 

 

併設している代替療法研究所やハーブ免疫療法専門サロンでは

保湿、保温効果の高い植物の繊維で作ったマスクにポリフェノールをミストして

ウイルスや菌を吸着することによって外側からのウイルスも

自分から出たウイルスも吸着して止めるように画策しています

 

 

(感染しない自信がありますが、研究所には様々なクライアント様がお越しになるため

最悪を想定した上の処置です)

 

 

またアロマでは子供にも優しいティーツリーをマスクに忍ばせます

 

 

鼻腔から咽頭の部分でウイルスを吸着して撃退する作戦です(笑)

 

 

どうしても仕事で公共の交通機関を使って移動するご主人や子供たちも

守りたい女性たちにも喜ばれています

 

 

併設している代替療法研究所やサロンでは お子様も来られるので

ディフューザーを使ってティツリーやユーカリラディアタの香りで対応しています

 

 

自社のビルでは全館、抗酸化処置をしています

マイナス電子でいっぱいです

 

 

ですが、この時期にも遠くからお越し下さるクライアント様方を守りたくて

念には念をいれて準備している次第です

 

 

休校要請2週間

ついに学校の休校要請がでましたね

これで一気に収束することを願っています

IMG_6829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常のインフルエンザなら3日の休校でほとんど収束します

今回のウイルスの潜伏期間が長いため2週間の休校要請になったのです

 

この時期を超えると4月までに収束することは不可能になり

オリンピックはあきらめざるを得なくなります

 

今でも経済に影響しているというのに

日本だけではなく世界の経済に とてつもない影響を及ぼしてしまう

なので思い切ったのだと考えていますが

遅いくらいとさえ思っています

 

 

ですが 今回の新型ウイルス騒ぎで私たちは

健康についての考え方のパラダイムシフトを迫られていることに

気づかなければなりません

 

 

日本の人たちは 保険で守られているがゆえに健康は病院が作ってくれるものだとか

医師が健康にしてくれるなんて考えている人が多いのは確かです

 

 

ですが違いますよね

対処方法は今回の新型ウイルスだけでなく

通常のインフルエンザも同じです

 

 

このサイトに来られる方々は意識が高い方が多いと感じています

なので共感してくださる方々が大半かと思いますが

時代が大きく変わることが予測できます

 

 

自分のカラダは自分で守る

その意識が必要なのです

 

抗がん剤の副作用のメカニズム

抗がん剤に強い副作用があることは皆さまご存知のとおりです

あって当然でしょ?ととらえている方が大半でしょう

 

ですが〝なぜ?”ということを

医学的に研究したデータは見たことがありません

IMG_6804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当然 研究にはお金がかかります

でも そんな研究に製薬会社などのスポンサーがつかないことが原因かと考えています

 

わざわざ自社からだした抗がん剤の悪い部分を研究したい会社などないでしょうから

 

 

アメリカのオハイオ州立大学の化学者による研究データが

ネイチャーという科学誌に掲載されていました(驚きです!】

 

それは『抗がん剤が腸内細菌環境を破壊する』

という結論でした

 

研究はパクリタキセルという抗がん剤を使ったマウスによる研究ですが

下記のとおりの変化が体内で同時に起こるというものです

 

 

抗がん剤投与後の体内の変化について

 

腸内細菌の環境が悪化する

 

腸の壁が異常に拡張する

 

腸の壁の密着結合部が壊れて 腸内細菌が流出する

 

血液に炎症が起きる

 

脳内に炎症が起きる

 

脳内の炎症によって記憶障害や認知力障害が起きる

 

これだけのことが同時に起きていたのです

 

ヒトの健康の根本である腸内がこれだけやられれば

副作用がでて当然ですね

 

腸内細菌環境の破壊とともに

脳の炎症もすべてのマウスに見られたことからも

抗がん剤による記憶障害や認知障害もうなずけます

 

抗がん剤投与者の副作用を抑制するために

腸内細菌のケアを必要不可欠と考えアドバイスしてきましたが

確証を得た研究でした

 

パーキンソン病の原因は何か

【パーキンソン病は原因不明ではなかった!】

今までパーキンソン病の原因は不明であるといわれてきました

ところが、フィンランドのヘルシンキ大学でおこなわれた研究によると

IMG_1033

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーキンソン病の発症原因が

抗生物質の多様による腸内環境の破壊による可能性が高いことを発表しました

 

 

脳内の神経伝達物質を産生してコントロールしているのは

主に腸内細菌であることは様々な研究によって判明しています

 

ドーパミンの産生とコントロールしているおそらくは1種類の腸内細菌が

抗生剤を多用することによって破壊されてドーパミンの産生が行われなくなると考えられます

 

もっとも強力に関係しているのは

広範囲に使用される抗生物質と嫌気性細菌、真菌に対して作用する抗生剤で見つかっています

 

つまり一般的に使われている抗生剤ということです

 

パーキンソン病の患者をさかのぼって調べてみると

20年前から腸に典型的な病理的変化があることが観察されていました

 

また便秘、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患の患者は

パーキンソン病を発症するリスクが高いことが知られています

 

パーキンソン病の予防は腸内環境を破壊しないことが最重要なのです

もっとも腸内細菌を破壊するクスリとしてわかっているのは

 

抗生物質と抗がん剤であることは周知のとおりです

 

 

研究結果は 医学誌ムーブメント・ディスオーダーズ(Movement Disorders)に

発表されています

 

新型ウイルス!マスクを買いに走る事が優先!?

 

TVでは新型ウイルスのニュースで持ち切りですね。
でも!マスクを買いに走ることが最優先ではありませんよ💦

今、意識しないといけない事とは何か…

IMG_6726

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ウイルスを撃退するのはカラダの中のリンパ球だから

リンパ球を元気にするために来ました!】

 

TVをつければ どこも新型ウイルスのニュース

 

家の中を消毒しています!とか

うがいと手洗い、消毒を徹底しています!とか

マスクを常時しています!などなど

 

皆さま 努力なさっています

 

でも!

 

大切なことはご自身の免疫力に目を向けることです

毎日の中で 免疫力が低下する要因を減らし高めることを増やす

 

これが一番重要です

 

まず 感染しにくいカラダを創る

そして感染してもいち早く無毒化する治癒力を重視しましょう

 

だからこそ

ハーブ免疫療法を受けにきました!と来院されたH様

奈良県在住の彼女が曰く

 

『菌やウイルスを撃退するのはカラダの中のリンパ球だから

リンパ球を元気にするために来ました!』

 

Wow!!!

素晴らしいコメントをありがとう存じます

 

チカラ強いコメントを残して

ハーブ免疫療法専門サロンへと上がって行かれました

 

造影剤が要らなくなります

現在 細い血管をCTなどで撮影する場合、造影剤を血管に注入します

断ることもできますが より詳しく見るためには必要でしょう

手のひらの血管がここまで見られます

(手のひらの血管がここまで見られます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、Luxonusの光超音波技術を使うと造影剤がなくても

ここまで鮮明に見ることができるのです

 

光超音波技術は、生体にパルス光を照射したときに発生する

超音波を受信して画像化します

 

血管の場合 赤血球の中のヘモグロビンが光を吸収して発生した

超音波を受信して画像化することになります

 

装置に手をかざすと5分ほどで手のひらの血管が撮影できます

 

 「造影剤が不要でしかも直径0.2mmほどの血管まで映せる。

これほど細い血管を撮影できる装置は他にない」と

医師でLuxonus社長の相磯貞和氏は話します

 

癌細胞は正常な細胞よりも栄養を多く必要とするため

新しい血管を多く作ります

つまり新生血管ですね

 

乳がん検査などの精度を上げる可能性が考えられます

 

なによりも 副作用が心配な造影剤を使わなくてよいことは大きいと思います

 

 

アレルギーからの脱却の方法

12月からチリチリ痒くなり始めて

1月には一気に痒くなりました

朝、目が腫れて開かない状態です😢

この2年間 同じ症状から始まり、徐々に悪化。

しかも夏の終わりまで続きます

このひどいアレルギーは 

花粉や食べ物の影響だけではなく服用している薬も関係しています

病院で膠原病を疑って検査するも異常なし

なんだろうか…と主治医

 

このような場合

まず腸内環境を調えましょう

いろんなサプリメントに手を出す前に必須です

乳酸菌では糠から培養したものが

特に数的にも質的にも上質であるという研究データから

お勧めできます

 

そこに乳酸菌のエサとなる生成物質を併用する必要があります

特に頑固な便秘の方は 併用が必要です

 

腸内環境が調ったら次の段階の治療へとすすみましょう

 

 

働く女性の薬漬けは鎮痛剤に頼ることから始まる

 
 
【働く女性の薬漬けは鎮痛剤に頼ることから始まる】
 
働く女性…増えましたね
社会で責任を求められながら家庭に帰ると 
そこでも子育てや家のことが肩にかかってくる…
そんな頑張り屋さんの女性ほど体調にお悩みがあったりします
 
だからといって仕事は休めない。異口同音におっしゃいます
そして手軽に対症療法できるクスリをとることになります
 
通常は鎮痛剤から始まることが多いようです…が
 
ちょっと待って!
その不調の原因をそのままにしてクスリで抑え込むのはキケンです
あとで大きなつけを払うことになってしまうから
 
痛みは 行動を抑制せよ!あるいは動くな!安静に!というカラダの指令です
それを鎮痛剤で痛みを感じなくして動いていると
患部をより悪化させてしまいます
 
すると次の痛みは より強くなってしまうのです
鎮痛剤が効かなくなった…とおっしゃる方は要注意
 
ご相談くださいね
ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050