カテゴリー別アーカイブ

予防

いじめっ子がいます

いじめっ子がいます

相手が傷めつけられて弱っているのに尚、傷め続ける人がいます

しかも 傷めつけられているのは1番身近で

その人のために身を粉にして働き続けてきた無くてはならない存在です 

そんな残念なできごとをブログに致しました

s-1IMG_2999


いじめられて疲れ果てているのは腎臓

ご自身の行動が腎臓の負担になっていたとは知らないFさん

腎臓は長い期間 何も言わずに激務に耐えてきたのです

 

Fさんは 塩辛いものが好き

お酒が好きで毎日飲みます

さらにダイエットのためにプロテインを多量に摂取していました

 

動物実験ではタンパク質を過剰に摂取すると糸球体の血管が拡張して

多くの血流が流れ込みます

それによって糸球体のろ過する量が増えて腎臓には大きな負担になります

 

動物実験ではタンパク質を過剰に摂取する期間が長期にわたると

糸球体の機能が低下するなど腎臓はダメージを受けることが明らかになっています

 

また、過剰なサプリメントや薬も腎臓に負担を負わせてしまいます

日本の方は なんでも多い目に飲めば効く‥と考える方が多いようです

ですが違います

 

いらない薬やサプリメントを飲んでいませんか?

食生活を整えれば済むものを薬でカンタンに済ませていませんか?

必要なものを必要な量 摂ることが大切です

 

腎臓機能が低下したことから高血圧を起こし血圧降下剤を服用するようになり

腎臓に負担をかける項目がまたひとつ増えるということになります

 

悪循環のはじまりです

腎臓機能の低下は 間違いなく寿命を縮めます

 

そうです

いじめっ子は 腎臓の持ち主です

あなたは いじめっ子ではないですか?

 

゚・*..。:*・*:.。.・*゚・*..。:*・*:.。.・*゚・*..。:*・*:.。.・*゚・*..。:*・*:.。.・*゚・*..。:*・*:.。.・*

 

ご感想やご相談はこちらまでいただけますと幸いです

【LINE@】

https://line.me/R/ti/p/%40znq4144b

もしくはID検索で:@znq4144b

 

LINE@では研究所、サロンからの最新のお知らせや

読者様からの質問回答など

より距離感の近い情報発信をしていこうと思っています。

 

気軽に質問されたい方はぜひご登録くださいね。

 


発行:代替療法研究所

〒573-1105

大阪府枚方市南楠葉1-1-27 2階、6階

TEL:072-836-1050(平日10時~18時)

FAX:072-807-3566

◆お問合せ

mail@satoshinobu.com

◆公式HP

http://www.togoiryou.net/

◆Facebook

https://www.facebook.com/lal1113/

 

※当社のメールマガジンは、過去にご縁のあった方にも送信いたしております。
今後のご案内、配信が不要な方につきましては、大変お手数ではございますが、下記URLより

登録解除の手続きをお願い致します。

https://satoshinobu.com/User/cancel_mail/816U6AKC

 

 

 

 

熱中症を防ぐアイテム

皆さま 熱中症にお気をつけて

ノドが渇いていなくても 少しずつ水分をお取り下さいね

 

汗とともに塩分も不足しやすくなります

くずは統合医療クリニックで人気のさとうの塩と

IMG_3225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に、佐藤さんのアップバージョンである七輪焼き塩は わたくしのお気に入り

 

手作り七輪焼き塩 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まこもなど薬草を配合して頂いていて美味しい

わたくしはいつもバッグにしのばせております

 

皆さまは どのようなアイテムをお持ちでしょうか?

熱中症になりやすい方の6つの特徴

みな様 お暑うございます

 

楠葉は37度

人によれば まさに体温よりも暑いですね

そこで みな様に注意して頂きたいのは熱中症です

だけど同じ環境の中にいても熱中症になる人とならない人がいます‥なぜでしょうか?

s-1IMG_2999

今日は熱中症になりやすい方の特徴をお話いたします

当てはまる方は特に要注意なさって下さいね

 

まず

1つめは 朝ご飯を食べていない

2つめに 二日酔い

3つめに 下痢をしている

4つめに 寝不足

5つめに 風邪を引いている(薬を服用している方は特に!)

6つめに いつも冷房の中にいてカラダが冷えている

 

そういった方は 自律神経が乱れているため

体温を調整する機能が弱くなっています

 

わたくしがヘルス&ビューティコンサルトをしておりますクライアント様は

糖尿病でいらっしゃるため特に注意が必要です

 

他にも高血圧、心不全の病気のある方も要注意です

その病気の影響だけではなく服用しているお薬の影響で

熱中症にかかりやすくなります

 

わたくし達の体内では、どのような悪環境にも負けずに

同じ体内環境を保つ働きをもっております

ですが、自律神経が乱れた方は

その保つ働きを調整するまでに時間がかかるのです

 

なので 暑い真夏よりも暑くなってきた時期

つまり今頃が一番危ないといえます

 

わたくしは 夏でも温かいハーブティやダージリンを頂きます

お風呂によく温まったりウォーキングするなど

普段から暑さに対応できるカラダつくりを致しましょう

 

中性脂肪を下げるカンタン5つの方法

やっと雨があがりましたね

かつてない豪雨の爪あとが全国に残っています

みな様は ご無事でしたでしょうか

 

 

今日は カンタンに中性脂肪を下げる方法についてお伝えいたします

中性脂肪とは、別名トリグリセリドと呼ばれる

人の体にとってエネルギー源となる物質のことをいいます

s-1IMG_2997

普段の食事の中に含まれている脂質は

小腸から吸収されて血液中に入ります

この脂質はエネルギーとして使われますが、使い切れなかった場合は

中性脂肪として蓄えられてしまいます

中性脂肪の全てが悪いわけではなく体温を一定に保つなど必要な量もあります

 

ですが中性脂肪が高すぎる場合は動脈硬化のリスクが高くなります

中性脂肪が高い原因の多くは

ひとつは アルコールや糖質のとりすぎででしょう

 

男性はお酒をよく飲む方に多く

女性なら甘いものが大好き

 

男女で傾向が分かれるのが特徴です。

ですが 最近は男性でも甘いものの取りすぎ‥なんて事もよくあります

それぞれアドバイスが変わります

 

まずは 甘いものやお酒を一切控えて頂き数値が下がるかどうかを見ます

 

下がるなら 完全に食生活が原因です

食事を変えても下がらなければ他に問題があるということになりますね

 

2つめに睡眠の質を上げること

女性の場合、睡眠時間が6~8時間の人の中性脂肪がもっとも低いというデータがでています

 

3つめに有酸素運動を20分

時間の取れない方は ○○まで歩くということを試みて下さい

激しい運動でなくて良いのです

大好きな方と朝の清清しいときにウォーキングなんて幸せです

 

4つめにご飯やパン、麺類、スナック菓子を控えること

5つめに背の青い魚でEPA,DHAをとること

 

またお茶もいいですね

ペットボトルではなく 急須で美味しく入れた緑茶がおすすめです

お茶のポリフェノールは中性脂肪を下げる効果があり

緑茶に含まれているカテキンは、肝臓での脂質代謝を促進することで

中性脂肪を燃えやすくする作用をもっています

 

良いサプリメントもありますが、まずは生活習慣を改めてまいりましょう

 

髪と爪に野生のホーステール

【髪と爪に野生のホーステールを頂きます】

野生のホーステールが入荷いたしました

人の手に守られていない過酷な環境で育ったハーブは有効成分が豊富

 

 

ホーステールは、2億7000万年前の

石炭紀に勢いのあった植物なのですが

現在では 石炭になっている植物の直系の子孫です

IMG_2997

折れやすい節間にはシリカが豊富なため

ギリシャ時代から傷を負った人に用いられていました 

 

またホーステールはケイ素を多く含むハーブです。

このケイ素は、骨、歯、髪、爪を健康に

保つための大切な栄養素の一つです。

 

髪や爪がもろくなったような時は

ハーブティーにして召し上がってください

 

ホーステールは
草丈30cmほどの多年草で、

全体が馬の尻尾に似ていることから
英語ではHorsetailの名前が付いています。


老廃物の排出もサポートしてくれるからうれしいハーブです

泌尿器系の感染症にかかりやすい方も

日ごろから食事の一環としてニンニクや生姜と共にお召し上がりください

 

学名:Equisetum arvense

和名:トクサ、スギナ、モンケイ

分類:多年草

原産地:ユーラシア大陸、北米大陸

寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?

【寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?】

 

病いが寛解、あるいは全快なさると

わ~い!とばかりに発病する前の食事内容に戻してしまう方がおられます

 

あんなに闘病中はつらい想いを耐えてこられたのに

終わった~!とばかりにお好きなものを召し上がる方は要注意です

 

なぜなら 

その食生活の末にあなたは病いに倒れたのですよ

IMG_2868

手術で切除しても

投薬で血液データの数値を下げても

また元通りに悪化することは容易に予測できます

 

病いはあなたの食生活に待った!をかけたのではないでしょうか

あなたのカラダからの叫びともいえます

 

あなたの食生活から何を許して何を排除するのか

それは病いの癒える段階や体調のタイミングに応じて変化させることがポイントなのです

 

本日は そのようなご相談に応じておりました

 

ダイエットでパーキンソン病の恐れ!?

ダイエットでパーキンソン病の恐れ

ダイエットでパーキンソン病の恐れ

牡蠣は美味しいけれどノロウイルスが恐い場合

牡蠣が美味しい季節ですね

でも 付いて廻るのはノロウイルスの恐怖

不安を感じながらも 牡蠣の美味しさに負けてしまうのは

わたくしだけでしょうか

 

以前、岡山水産試験場でハーブで

牡蠣のノロウイルスを減少させるという発表を致しました

 

ノロウイルスは生牡蠣中毒の原因ウイルスで

牡蠣の体内にいるため水洗しても除くことはできません

100個いれば発病するというつわものです

 

使われたのはオレガノというハーブです

試験場では牡蠣を下水で飼ってウイルスに汚染させ

オレガノの成分を与えたところ

70%の牡蠣が汚染されていたにも関わらず

わずか8%になったと発表されました

 

オレガノは、高い感染予防効果があります

他にも感染予防に高い効果をもたらすものは多々あります

 

その方の状況に応じて使い分けるとよろしいかと存じます

牡蠣を美味しく食べたい方や

海外旅行の際には、携帯しておくと安心ですね

よろしければご相談ください

 

くずは統合医療クリニック相談室にむけリニューアル中

 

くずは統合医療クリニックでは

ガンの再発予防を専門としております

 

当初多かった注射も点滴も

どんどん必要がなくなっています

 

なぜなら90%以上がセルフ治療

つまり

ご自身でできることなのです

 

クリニックでおこなうことは 

個人の体調に合わせたコンサルティングが大多数

 

あとは 食事療法、リンパドレナージや全身の調整

そして サプリメントやハーブや自然農法野菜などをご紹介いたします

 

あなたのガンの再発予防に必要なことは

他の方と同じではない可能性が高い

 

人それぞれ個性があるように

生活もタイミングも違います

教科書どおりではないのです

 

まずは じっくりとあなたの事をお聞かせください

そこから あなたのための 

ガンに負けないカラダづくりをサポートいたします

 

そんな統合医療クリニック相談室が開設されます

 

 

盲腸‥もう切ってしまった?

 

盲腸なんてさっさと切るべき?

出典www.nakamura-hosp.or.jp

                                  

よく「盲腸になった」「盲腸を切った」と呼ばれるときの盲腸とは、虫垂のことを指しています。

虫垂とは大腸の一部である盲腸の先端に付いている細く小さな器官であり、

ここが炎症を起こすと「虫垂炎」と呼ばれる

一般的に「盲腸になった」と呼ばれる状態になります。

これまで虫垂は、長い間人間の体にとって明確な必要性を認められる組織とは考えられていなかった

それどころか盲腸の先端についている虫垂という臓器は

、急性虫垂炎を引き起こす厄介な臓器として知られていました

でも、最近の研究で、必ずしも無用ではないということがわかってきています

                                        

盲腸にある虫垂は免疫機能を高める重要な器官だった?

長年、医学界では虫垂が不必要なものとされ、また激しい痛みを伴う炎症を起こし、

早期の摘出が必要であることのみ注目してきました

右下腹部の盲腸から伸びる小さな虫垂は、

長く私たちの体にとって不必要な組織と考えられてきました。

しかし大阪大学大学院医学系研究科感染症・免疫学講座の竹田潔教授らの研究により、

虫垂のリンパ組織が、粘膜免疫で重要な免疫グロブリン(Ig)Aを産生しており

腸内細菌叢の制御に関与している事をはじめて発見されました。

                                                  

 

元々虫垂には、リンパ球の集まった場所(虫垂リンパ組織)があり、

何らかの免疫学的機能を有している可能性が考えられていました。

しかし虫垂には発達したリンパの組織があって、

免疫機能を高める大切な役割を担っていることが明らかになってきました

実験的に虫垂リンパ組織を欠如したマウスを作成したところ、

このマウスでは大腸のIgA産生細胞の数が減少し、大腸の腸内細菌叢が変化

腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とは、

腸内の様々な細菌群が互いに生存競争を繰り広げ、

お互いに排除したり共生関係を築きつつ、一定のバランスが保たれた

均衡状態にある生態系のことを言います。

 

この研究により、長年ないがしろにされてきた虫垂が、

大腸に動員されるIgA陽性細胞の産生を司る場であることがわかりました

免疫に関係する「IgA陽性細胞」とは

免疫グロブリンA(IgA)は、哺乳類および鳥類に存在する免疫グロブリンの一種である

                                 

出典www.ketsukyo.or.jp

                          

虫垂では特に感染のない状態でも、恒常的に大量のIgAが作られています。

このIgAは、無数に存在する常在菌から粘膜を守り、

常在菌のバランスを維持することに役立っています。

消化管などの粘膜面では、病原体の感染に対してIgA抗体が主体となって防御している

また、IgAは腸内細菌叢のバランスの維持を担う重要な抗体とされている

さらに分泌型IgAは初乳中に含有され、

新生児の消化管を細菌・ウイルス感染から守る働きを有している(母子免疫)

虫垂が腸内環境のバランスを保っていた?

出典www.med.teikyo-u.ac.jp

 

 

 

虫垂リンパ組織は小腸および大腸に移動してIgA陽性細胞を産生する

リンパ組織であることが判明したという。

                            

虫垂リンパ組織のIgA細胞が、腸内細菌叢のバランスの維持に

きわめて重要な抗体であることをふまえて、

今後、腸管免疫系の制御法が開発され、

炎症性腸疾患や腸管感染症の治療につながることが期待されるとしている。

 

 

実験によると、虫垂切除マウスでは、虫垂があるマウスに比べて、

腸内細菌叢のパターンが崩れていることもわかったという

また、”腸内細菌” のあり様が、ヒトの “免疫力” の大半を占めている点が大きな注目を集めている

さらに腸内細菌叢の変化に伴い、腸管感染症に対する感受性が亢進することや、

炎症性腸疾患が発症することが報告されています

今回の研究結果から、腸内細菌のバランスが崩れて発症する潰瘍性大腸炎や

クローン病の新しい治療法開発も期待されている

虫垂は有益なバクテリアにとって「安全な隠れ家」だった

出典www.zenyaku.co.jp

                              

 

腸内では危険な微生物が優位となる時もあります。

そういうときに有益なバクテリア達は一時的に「安全な家」である虫垂に避難。

その後免疫系がその感染を打ち負かすと、有益なバクテリアは虫垂から現れ、

再び速やかに腸に定着し仕事を始めることが出来るという。

虫垂にあるリンパ組織が或る種の有益な腸のバクテリアの成長を促進する事も分かっています

こうしたバクテリアは免疫系を「訓練し」、

危険な病原菌を打ち負かしてくれるため、病気を防ぐ事が出来ます。

また、問題が起こると、有益なバクテリアは虫垂という避難所に後退するため、

何の影響も受けずに済むという

さらに虫垂は、胎児期には生命維持に必要なアミノ酸や

ペプチドホルモンを生み出して、体内環境を保っているという

やっぱり人間の器官に無駄なモノなんて一つも無かった?

体内に侵入した病原体などを攻撃する免疫細胞を作る働きを持つ虫垂

 

 

 

ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050