カテゴリー別アーカイブ

家では痛みが強いのにクリニックに来ると軽くなる

家では痛みが強くクリニックにくると軽くなるのですが‥質問

急いでいるとき

テーブルでむこうずねを打ってしまった‥

なんて経験は?

 

激痛が走る‥とはまさにこんな状況

まるで痛みが体の中を駆け巡っているように感じたことは?

けれども、この痛みは全て脳内での出来事



「痛みの認識は、年中無休で感覚神経からもたらされる情報を選別している

脳内回路によって形作られたものである」

そう説明するのは、米ジョンズ・ホプキンス大学の脳科学者である

デビッド・リンデン教授



同教授によれば、「こりゃあ面白い。今入ってきたこの痛み情報のボリュームを上げよう」

あるいは

「おっと、ボリュームを下げて、あまり注意が向かないようにしよう」

痛みを調節することが可能という


確かに人によって痛みの感じ方は違う

同じような怪我をしても、すごく痛いと感じる人もいれば

蚊に刺された程度と感じる人もいる

 

つまり‥痛みはコントロール可能なのです

 

ひとつは、痛みの位置、強さ、そして刺された痛み、火傷の痛みなどの性質

 

そして、これは恐怖や驚きといった痛みの感情的な側面とは

全く別の系統であるらしい。



落ち着きや安心感、他人との繋がりといった前向きな感情は

痛みを最小化し 反対に否定的な感情は逆の効果を生む

 

脳が痛みの認識を調整する正確な仕組みは

まだ完全には理解されていない

 

しかし、米ブラウン大学の研究チームはその手がかりを手に入れた

同チームは手の感覚に対応する低周脳波を研究していたが

これによって脳が手から送られてくる感覚情報を遮断すると

そのリズムが増すことが判明した

IMG_0473



そしてその答えは

気をそらすものを無視させている前頭野にあるとにらんだ

そこで脳波をモニターした被験者に

手または足だけに意識を集中するよう指示して

その間指やつま先を軽く叩いてみることにした



被験者が足に意識を向けているとき

脳の手の感覚に対応する領域において低周波リズムが増加した。

 

これは被験者が自分の脳に手からの感覚入力を無視するよう命令していたから

つまり、予測通り、情報を遮断していたのはこの低周波リズムだったのです


しかし、同時に別の領域

すなわち気をそらすものを無視する部分でも低周波リズムが増加することが判明

 

この2つの領域は脳の実行管理領域である前頭野と

環境からの情報を選別する脳の感覚部位との間で協調しあっている

この事実は、少なくとも一部の人間は瞑想などを行ない、

慢性的な痛みを取り除く方法を脳に伝えることが可能であると示唆している

2011年に発表された研究もこの見解を支持しており

8週間に渡る瞑想の訓練を受けることで、

痛みを阻害する脳のリズムを大幅にコントロールできるようになることを証明した

 

かくゆう わたくしも痛みには弱い

幼いころから注射が怖い

 

なので当クリニックの看護師には

注射の腕前のかなり高い人を選んでいる

 

ですが 一度経験した痛みなら耐えられるということが判明したからには

やはり 感情面が痛みを増強するという説は確かにあると思う

 

クリニックに入ると痛みが軽減する‥というのは

安心感という感情面が傷みを抑制していると考えられる

 

 

ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050