カテゴリー別アーカイブ

ピロリ菌を除菌するメリットとデメリットとは‥

 

ピロリ菌は 病原菌ではありません!

なんて聞くと驚いてしまいますね

誰もがピロリ菌を悪者だと思っています

でも‥実はピロリ菌は共生菌なのです

 

================

結論を言えば ピロリ菌を除菌すると 

食道がんのリスクが上がります

================

 

それは ピロリ菌とその除菌方法を発見した人が

発表しています

 

 

ピロリ菌が発見されたのは1979年

胃潰瘍とヘリコバクター・ピロリ、そして胃がんとの因果関係が証明

1994年 WHOはピロリ菌を1級発ガン性微生物Class I Carcinogen

に指定しました

 

それらを証明したオーストラリアの病理学者ロビン・ウォレン博士と

微生物学者バリー・マーシャル博士は

2005年ノーベル生理学 医学賞を受賞しています

 

 

当たり前のようにピロリ菌の除菌がおこなわれています

保険適用なのでお手軽に進められ

当たり前のように除菌しています

 

ニューヨーク大学の微生物学教授、米国感染症学会 元会長の

マーティン・J・ブレイザー博士はご自身の著書である

“Missing Microbes”(失われた細菌)に

ピロリ菌を除菌すると、胃がんになる確率は低減できるが、

食道がんになる確率を上昇させてしまうと

結論づけています

 

 

彼は ピロリ菌と胃がんの因果関係を証明することに貢献し、

ピロリ菌除菌の手法を確立するため、

ご自身を最初の実験台にした人です

 

ピロリ菌と胃がんの関係や除菌方法を発表した責任から

WHOや医学界にその危険性を訴えています

 

しかしノーベル賞まで受賞しているピロリ菌悪玉説や

ピロリ菌除菌の常識を覆すことは難しく

悩んでおられます

 

世界に先駆けてピロリ菌を除菌したご本人が

逆流性食道炎を患っています

 

ピロリ菌を発見した1990年当時には

分からなかったことが最近になって判明し

著書の中で詳しく述べておられます

 

著書である

“Missing Microbes”(失われた細菌)の内容は次回

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                           

抗がん剤は世界ではどう考えているの?患者様からの質問です

 

スウェーデンの研究では前立腺癌患者223人を

まったく治療せずに、10年にわたり調査したところ、

死亡したのが124人である一方、

癌で死んだのはわずか8.5%

 

研究者たちは全摘除は標準的な治療とは言えないとし、

日本でよく行われている放射線治療などを使用した方法も、

必要ないという結論に至っています。(JAMA276号)

 

カナダの肺ガン専門医に行ったアンケートでは、

肺癌が3Aと呼ばれる進行期の場合でも、

無治療の希望が22%、手術を希望した医者は6%、

抗ガン剤による治療を希望した医者は5%でした。

 

日本の標準的ガイドラインでは

100%手術と抗ガン剤などを勧められるでしょう。

 

アメリカのNCIリポートでは抗ガン剤は無力と

はっきり記載されており、

15万人の抗ガン剤治療を受けた患者において、

肺癌、乳癌、卵巣癌、ホジキン病などで

抗ガン剤によって膀胱癌が増え、

白血病では肺癌が増え、卵巣癌では

大腸がんが増えていました。

 

アメリカの20近い大学、医療機関が出した東海岸レポートでは、

末期(ステージ4)の肺がん患者743人を対象として、

①抗がん剤3種類

②抗がん剤2種類

③抗がん剤1種類A

④抗がん剤1種類Bとして評価し、

一時的な腫瘍縮小率は①20%②13%③9%④6%だったものの、

副作用死において①②の死亡者数が③④の死亡者数の7~10倍で、

最も早死にしたのは①で最も長生きしたのは④であり、

いったん縮小した腫瘍は

5~8か月で元の大きさに再増殖することがわかりました。

 

ある乳癌の研究では、

100年前の手術も抗ガン剤もなかった時代の余命期間が、

世界的に有名な抗ガン剤病院の余命期間より

はるかに長いことを示しており、

標準的な乳癌抗ガン剤を使用した場合は

さらに短くなることが分かっています

(Br.Med.J.1962年の論文、J.Clin.Oncol1996年の論文など)

 

分子標的剤イレッサは延命効果がないという臨床研究もあり、

副作用の間質性肺炎などを発症するのは4%、

亡くなるのは1.6%、2012年9月までで

副作用死亡者数は857人です。

 

肺癌などによく使われるイリノテカン、

最初に承認された肺癌では薬物の毒性死が公式だけで4%あり、

他の抗ガン剤が無効な患者には

腫瘍縮小効果さえありませんでした。

 

肝炎などにも使われるペグイントロンは、

副作用として自殺、発熱、間質性肺炎、血球減少、意識障害、

譫妄、錯乱、中毒性表皮壊死融解症、横紋筋融解症、

重篤な肝機能障害、ショック、腎不全、心不全、消化管出血、

催奇形性、脳出血、脳梗塞など無数に並びます。

添付文書くらいは必ず見ましょう。

 

癌細胞耐性について2012年

英医学誌ネイチャー・メディスンに報告があります。

抗ガン剤によって健康な細胞の DNA が損傷し、その細胞から

「WNT16B」と呼ばれる 癌細胞の生存率を高めるタンパク質が

より多く分泌されて、矛盾の結果を生じさせることが判明したと報告

 

米国では1992年に

国立衛生研究所に代替医療事務局ができ、年間2億ドルの予算をつけ

いまやガン患者の80%以上が代替医療を利用し、

生命保険会社も代替医療を公認、

すでに代替医療の医療費が西洋医療の医療費を上回っています。

 

英国でも2010年までにガンの死亡率を5分の1に下げ、

ガンによる年間死亡者を10万人減らすという目標を設定し、

内閣直属の専門組織を発足させ

米国でも英国でもガン死亡率が減少に転じています。

 

(記事はお借りしました)

 

抗がん剤のデメリットとメリットをしっかり聞く

あるいは調べた上で どうするのか‥

それを決めていくことが大切です

 

誰かに言われたからといって

解らないままに身を任せないで。

自分の人生をカンタンに誰かにゆだねてはならないのです

 

厳しいとは存じますが

自分の人生は自分で決めていくことが重要ではないでしょうか

 

 

白血病の抗がん剤シタラビンはどんな薬ですか?

 

白血病の抗ガン剤

シタラビンの添付文書を読むと

 

「本剤は細胞毒性を有するため

(アンプルから注射器に移すなど)調整時には、

手袋を着用することが望ましい」

 

「皮ふに薬液が付着した場合には、

ただちに多量の流水でよく洗い流すこと」

と書いている

 

「本剤を、他の抗ガン剤と併用した患者に、

白血病、肺腺ガンなどの

二次性悪性腫瘍が発生したとの報告がある」

とも記載しています

 

薬剤師向けの

『抗ガン剤調整マニュアル』を見てみると

 

「抗ガン剤は、細胞毒性、変異原性、発ガン性を

有するものも多い」

 

看護士マニュアルには下記のように記載されていた

 

抗ガン剤は発ガン性がWHO5段階評価で

最悪レベルがほとんどである

膀胱ガン患者に投与すると、

9倍も膀胱ガンが増加した

 

(記事はお借りしました)

 

 そんなリスクが分かった上でも

それでも今、必要なのかどうかをよくよく考えること

 

あなたの体力が

そのリスクに耐えられるかどうかを見極めることが

なによりも重要でといえます

 

 

プラトシン(ジェネリック抗がん剤)は安心か!?

 

抗ガン剤や放射線治療を選びたくない科学的根拠

 

ジェネリックに代表される抗ガン剤の添付文書を見ると

たとえばプラトシンについては4ページもあります

ですが、どこをみても臨床成績も有効データも

一切記載されていません。

 

そもそも添付文書は

その記載が義務付けられているはず

 

しかしこの文書には「どれだけ有効か?」も

「どれだけ危険か?」も「効能」さえも載っていない

 

 

さらに

「本剤は使用瀬遺跡調査などの副作用発現頻度が

明確となるような調査を実施していない。」

 

う~ん‥

安心の材料が見当たりません

 

(記事はお借りしました)

 

抗がん剤、放射線治療を選びたくない科学的根拠

 

抗がん剤、放射線治療を選びたくない

科学的根拠の一例をあげてみます

 

一時的に小さくなる事もあるけれど

そのあとに急速にリバウンドして早く亡くなることが多いのはなぜ?

 

これは抗ガン剤や放射線治療が

反抗癌遺伝子(ADG)を変化させて

耐性を獲得し狂暴化するためであると

1985年アメリカ国立ガン研究所のデヴィタ所長が

公式に表明しています

 

 

次回はジェネリック抗がん剤について

 

野菜を処方するクリニックなんて初めてです!

 

『 野菜を処方するクリニックなんて初めてです! 』

来院された方の言葉です

そうですね(^^)

お薬は処方しないので‥

 

循環農法による野菜

ワイルドハーブ

フランスから取り寄せた精油などをご紹介しています

 

ご希望の方は、エルボリストリーのほうで購入できます

 

なぜ無農薬、無化学肥料の野菜をおすすめするのか

なぜワイルドハーブなのか‥それには理由があります

無農薬、無化学肥料で

できるだけ自然の状態で育ったものであることが重要です

 

循環農法とは

土から生まれたものを土にしてから、田畑に返す方法で土作りをして

旬の作物をできるだけ、自然の状態で育てる農法です

 

そういった環境で育った植物は

人の健康に必要な成分を多くふくんでいます

 

農薬や化学肥料は

それらの成分が育つのを阻害してしまいます

まぜなら

それらの成分は 植物が自身の身を守るために作りだす

成分だからです

 

なぜ わたくしどものクリニックが薬をお出ししないのか

お薬を処方する病院はいっぱいありますから

そちらで処方して頂くことをお勧めしています

 

ここでは

患者様の自然治癒力をいかに引き出すか

そこに焦点をあてています

 

それには理由があります

 薬がないと糖尿の値を正常に保てないとか

薬がないと血圧が高くなる‥

なので生涯服用し続けるのは

それらの病いが治癒していないからです

 

なぜなら薬は対症療法ですので

ただ数値を下げているだけだからです

 

緊急の場合はそれも必要

でも体質を変えない限り薬が手放せない

つまり

治らないのです

 

ガンも糖尿も高血圧も生活習慣病であるかぎり

カラダに悪い習慣を変えて血糖値や血圧があがらない

ガンができにくい体質を作り上げることが重要と考えるからです

 

睡眠薬による睡眠と自然の睡眠は違うのですか

 

ワシントン大学の研究によると

睡眠薬を使用している人では、睡眠薬を使用したことがない人に比べて

自動車事故のリスクが2倍近くになることがわかった

 

 

睡眠薬を服用すれば、確かに簡単に眠りにつけるだろう。

しかし、睡眠薬による睡眠は決して自然な睡眠ではなく

「偽りの睡眠」ともいえる。

 

 

例えば、睡眠薬を使い眠った人と自然に眠りについた人を

見た目で判断することは難しいが、脳の活動を見ると一目瞭然だ。

脳の中では全く異なる現象が起きている。

 

 

 一部の睡眠薬は脳全体に分布する「GABA受容体」という

細胞上のタンパクに結合し、 神経系の働きを抑制することで、

脳全体の活動を低下させ、眠気を誘発する。

 

 

自然な睡眠中脳は、起きているときと同じくらい、

部位によってはむしろそれ以上、活発に活動しているのである。

 

 

睡眠中に脳が何をしているのかは「謎」であるが、

睡眠中の脳活動は、睡眠が生体にとって重要な生理機能である証拠だ。

 

 

 睡眠薬による睡眠は、脳全体を一気にトーンダウンさせるため、

このような睡眠のはたらきそのものを弱めてしまう。

そのため、例えば記憶喪失、混乱、夢中歩行などといった

重大な副作用が見られることもある。

 

 

睡眠薬の潜在リスクは計り知れない?

ワシントン大学の研究グループは、

40万人分ものデータから睡眠薬の使用と交通事故との関連性を調べ、

睡眠薬を日ごろから使用している人は 、

交通事故のリスクが約2倍になるという結果を得た。

 

 

睡眠薬を服用したあとに運転するのはもちろん危険だが、

運転前でなくても定期的または日常的に睡眠薬を使う習慣がある人が

車を運転するのは、飲酒運転と同じようなリスクを抱えていることになるという。

 

 

 この結果を踏まえて、医者や薬剤師、そして患者も含め、

当事者は睡眠薬の潜在的なリスクについて、

より議論を交わすべきであると研究者は指摘する

 

 

睡眠薬に頼らない不眠治療も存在する

 

 睡眠薬には依存性が言われているものもあり、睡眠の質も低下させる。

睡眠薬の使用には注意が必要であり、決して習慣的に使うものではない

 

 

したがって、眠れないとき、すぐに睡眠薬に頼るのではなく、

認知行動療法」を試してみるのもよいかもしれない。

 

 

 不眠の原因にはストレスが大きく関わっているが、

認知行動療法は、ストレスに上手に対応できる考え方を

つくっていくための治療法である。

 

 

精神科医など専門家との面談を通して、彼らの手助けのもと、

現在抱えている問題に自分で対処していけるようになることを目指す方法だ。

 

 

うつ病や不眠症、摂食障害など、多くの精神疾患の治療に取り入れられている

眠れないからといって、すぐに睡眠薬に頼る前に少し考え直してみてほしい。

 

 

規則正しい生活リズムと食生活、運動の習慣、眠りやすい就寝環境、

眠る前のカフェインやアルコールの摂取など、

睡眠に不適切な生活習慣を見直すことが第一だろう。

(記事はお借りしました)

世界最凶の発がん性物質

 

世界最凶の発がん性物質=二酸化チタン

何故で日本の多くの食べ物に!?

 なぜ私たちの食品中に二酸化チタンが入っているのか?

 

この化学物質は栄養素ではない;

それは全く不溶性で、粉末ガラスを食べるに等しい!

アメリカ癌学会は、地球上で5つの最も発がん性を有する物質

の中に、二酸化チタンを挙げている。

 

それは、喘息、癌、腎臓病、アルツハイマー病、

そして不妊の原因と考えられている。


インターネット上に、この化学物質を上記の疾患に結びつけている

多くの動物を使った研究報告が存在している。

国際がん研究機関(IARC)は、それをIARCグループ2Bの発癌物質

「おそらくヒトへの発癌物質」として分類している。

 

二酸化チタンは、化粧品や、錠剤を作るための充填剤として

ビタミンや他の薬で使用されている。

しかし、それはまた脱脂粉乳、チーズ、ヨーグルト、マヨネーズ、

チョコレート 、マシュマロ 、加工されたファーストフード、

トマトケチャップで使用されている。

 

 

それは、人間が日常的に食べる 動物に食べさせている。

二酸化チタンは、世界中の顔料の総生産量の70%を占めている。

それは広く、塗料、プラスチック、紙、インク、食品、歯磨剤などの

製品に白色性と不透明性を提供するために使用されている。

 

それはまた、化粧品やスキンケア製品に使用され、そして、

紫外線から肌を保護するのに役立つほとんどすべての日焼け止め

中に存在する。



二酸化チタンは、ユニークな特性を有する金属酸化物である。

これは硬度でダイヤモンドに匹敵し

そして優れた電気的特性の ために注目される。

   

しかし、なぜ食品中に?


ここでは二酸化チタンの粒子が、活性酸素種ROSを生成し、

DNAに損傷を与え、植物、動物、あるいはヒトの環境で

必須の細胞を死滅させる

 

それは、ガラスのような構造を有し不溶性であり

食物連鎖において生物蓄積性で、動物や人体に対して

悲惨な影響を有している。

 

(記事はお借りしました)

=====================

化学成分過敏症やアレルギーでお悩みの方

あるいはガンをはじめとする生活習慣病の方は

特に添加物に注意しましょう

=====================

 

 

 

睡眠薬がないと不安になるのですが‥

 

睡眠薬がないと不安になる

眠れなかったらどうしよう‥

そう考えて手ばなせない

そんな方がおおいようです

 


不眠の薬は本来

睡眠障害がある人のためのものとして考えられていますが

実際はそうではないようです。



不眠の薬は頭の中の抑制系神経に働きかけるタイプと

睡眠ホルモンの代わりとして用いられるタイプの2つがありますが

どちらもかなり問題があると言わざるえません。


ちなみに抑制系神経タイプには、マイスリー、ハルシオン、デパスなどが有名


睡眠ホルモンタイプには、ロゼレムがあります。


この2つのタイプがいわゆる睡眠薬の代表です




市販薬では抗ヒスタミン剤が一般的ですが

これは風邪薬などにも含まれています。


そんな睡眠薬の副作用とは
 
 
まず、マイスリーやハルシオンなどの薬の添付文章には

驚愕してしまうほど恐ろしいことが書かれています

 

これらの薬は向精神薬、習慣性医薬品と書かれていてます。
 
 
服用すると朦朧状態になったり、

夢遊症状が出たり、記憶がなくなったりすると警告されています。

 

また、重大な副作用として薬物依存になるよと書かれていてるんです。
 
 
また、ロゼレムに関しては服用した次の日から眠気が出たり、

集中力とか注意力が著しく落ちるので、

自動車などの運転はしてはいけないと警告されています。
 


これらの薬を服用して車を運転してしまうと、

最近繁華街を突然車で暴走して

メディアを賑わしている人たちのようになってしまうわけです
 
 
 
慢性不眠症の人にロゼレムと「偽薬」の二種類を服用してもらい

実験したところ、どちらにも差がないということが明らかになりました

 

つまり意味がないということ


元々人間が普通に眠りにつくための効果がないと

いうことですから大問題です


このため重度の睡眠障害になってしまうケースが少なくないわけです


市販薬に関してですが、抗ヒスタミン剤は

一応睡眠改善剤ということになっていますが、

日常的に不眠の方は不眠症と診断された方は

使用しないようにと注意書きがされてます。



これでは何のための薬か分かりませんよね。


これではいずれ心と身体が本当に蝕まれ、

重度の精神疾患になってしまうでしょうね。


やはり食事、適度な運動といった生活習慣を改善し、

体質を変えるしかありません

 

以上 記事はお借りしました

======================

さて

眠れないとお悩みのあなた

夕方 30分ほど走ってみてください

筋肉を使っていないのではないでしょうか

 

そして朝早く起きて朝日をあびること

夜無理やり眠るのは難しいけれど

朝早くおきるのは 頑張ればできます

====================

 

 

ドミニク・ダヴェンヌ氏大阪講演

ドミニク大阪講演会-1 (1)

ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050