カテゴリー別アーカイブ

熱中症を防ぐアイテム

皆さま 熱中症にお気をつけて

ノドが渇いていなくても 少しずつ水分をお取り下さいね

 

汗とともに塩分も不足しやすくなります

くずは統合医療クリニックで人気のさとうの塩と

IMG_3225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共に、佐藤さんのアップバージョンである七輪焼き塩は わたくしのお気に入り

 

手作り七輪焼き塩 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まこもなど薬草を配合して頂いていて美味しい

わたくしはいつもバッグにしのばせております

 

皆さまは どのようなアイテムをお持ちでしょうか?

子宮頸部高度異型性をご卒業されました

子宮頸部高度異型性のお悩みからご卒業されたUさんからメッセージが届きました

彼女はネイルサロンオーナー様でお忙しいため

ほとんどご自身でケアする方法をコンサル致しました

そして、ご結婚7年目の妊娠に重ねてお喜び申し上げます

以下は ご本人様の了承を得て掲載させて頂きました

なんといってもカラダの不調は正しい生活改善から考えていくことが大切ですね

IMG_2996

 

 

 

 

 

 

【 卒業といって頂いて

ホッと安心したのと同時にとっても嬉しいです‼︎

 

 ご相談させて頂くまで、切るという選択肢しか無く、

切る事によって完治出来ても妊娠した時に流産しやすい事、

もし赤ちゃんを授かれても流産の可能性以外でのトラブルへの不安、

切る事によって散った細胞たちが将来的に悪さをする可能性への不安など、

見えない不安と恐さがありました。

 

ですが全く異なる視点で自分でできることを知ることで

希望へとつながりました。

 

今回の病気の卒業はもちろんですが、

病気がわかり、様々お世話になり、生活を改善した事により

私も主人も悩まされていた頭痛や体の疲れ方が軽減された事、

子供を授かれた事など、思い返すと不思議と全てがつながり、

何ともいえない感動の気持ちでいっぱいです。目から水がこぼれます

 

本当にありがとうございます(*´꒳`*)‼︎

感謝の思いでいっぱいでございます‼︎ 】

 

 

熱中症になりやすい方の6つの特徴

みな様 お暑うございます

 

楠葉は37度

人によれば まさに体温よりも暑いですね

そこで みな様に注意して頂きたいのは熱中症です

だけど同じ環境の中にいても熱中症になる人とならない人がいます‥なぜでしょうか?

s-1IMG_2999

今日は熱中症になりやすい方の特徴をお話いたします

当てはまる方は特に要注意なさって下さいね

 

まず

1つめは 朝ご飯を食べていない

2つめに 二日酔い

3つめに 下痢をしている

4つめに 寝不足

5つめに 風邪を引いている(薬を服用している方は特に!)

6つめに いつも冷房の中にいてカラダが冷えている

 

そういった方は 自律神経が乱れているため

体温を調整する機能が弱くなっています

 

わたくしがヘルス&ビューティコンサルトをしておりますクライアント様は

糖尿病でいらっしゃるため特に注意が必要です

 

他にも高血圧、心不全の病気のある方も要注意です

その病気の影響だけではなく服用しているお薬の影響で

熱中症にかかりやすくなります

 

わたくし達の体内では、どのような悪環境にも負けずに

同じ体内環境を保つ働きをもっております

ですが、自律神経が乱れた方は

その保つ働きを調整するまでに時間がかかるのです

 

なので 暑い真夏よりも暑くなってきた時期

つまり今頃が一番危ないといえます

 

わたくしは 夏でも温かいハーブティやダージリンを頂きます

お風呂によく温まったりウォーキングするなど

普段から暑さに対応できるカラダつくりを致しましょう

 

中性脂肪を下げるカンタン5つの方法

やっと雨があがりましたね

かつてない豪雨の爪あとが全国に残っています

みな様は ご無事でしたでしょうか

 

 

今日は カンタンに中性脂肪を下げる方法についてお伝えいたします

中性脂肪とは、別名トリグリセリドと呼ばれる

人の体にとってエネルギー源となる物質のことをいいます

s-1IMG_2997

普段の食事の中に含まれている脂質は

小腸から吸収されて血液中に入ります

この脂質はエネルギーとして使われますが、使い切れなかった場合は

中性脂肪として蓄えられてしまいます

中性脂肪の全てが悪いわけではなく体温を一定に保つなど必要な量もあります

 

ですが中性脂肪が高すぎる場合は動脈硬化のリスクが高くなります

中性脂肪が高い原因の多くは

ひとつは アルコールや糖質のとりすぎででしょう

 

男性はお酒をよく飲む方に多く

女性なら甘いものが大好き

 

男女で傾向が分かれるのが特徴です。

ですが 最近は男性でも甘いものの取りすぎ‥なんて事もよくあります

それぞれアドバイスが変わります

 

まずは 甘いものやお酒を一切控えて頂き数値が下がるかどうかを見ます

 

下がるなら 完全に食生活が原因です

食事を変えても下がらなければ他に問題があるということになりますね

 

2つめに睡眠の質を上げること

女性の場合、睡眠時間が6~8時間の人の中性脂肪がもっとも低いというデータがでています

 

3つめに有酸素運動を20分

時間の取れない方は ○○まで歩くということを試みて下さい

激しい運動でなくて良いのです

大好きな方と朝の清清しいときにウォーキングなんて幸せです

 

4つめにご飯やパン、麺類、スナック菓子を控えること

5つめに背の青い魚でEPA,DHAをとること

 

またお茶もいいですね

ペットボトルではなく 急須で美味しく入れた緑茶がおすすめです

お茶のポリフェノールは中性脂肪を下げる効果があり

緑茶に含まれているカテキンは、肝臓での脂質代謝を促進することで

中性脂肪を燃えやすくする作用をもっています

 

良いサプリメントもありますが、まずは生活習慣を改めてまいりましょう

 

専門家の紹介

こんにちは! この度7/2より IPHに所属することになりました、久下渚と申します。

簡単に自己紹介をさせて頂きます(^-^)

IMG_3078

◆京都で生まれ育ち、20歳で看護師となる

様々な病院で主に救急・心臓外科・循環器・補助人工心臓の管理など、

先端医療集中治療に携わる。

 

◆14年の看護経験の中で、過剰医療に対する違和感から目が逸らせなくなり、退職。

また、数々の立ち会ってきた死の現場で感じていた

「なぜ、多くの遺された者は罪に似た後悔の意識や迷いといった感情を抱き続けるのか」を

追究しているうちにNLPと出会い、答えにたどり着く。

 

◆それと同時に病気のほとんどは意識・無意識問わず意図的に

自らが創り出している結果であるとの仮説を手に入れる

 

◆延命治療の可否はどこかに自ら記せる場をつくり 一人ひとりが望む最期を

迎えられるようにしたい

西洋医学一辺倒ではなく、選べる治療、情報を世に届けたい、

遺された人が罪の意識に苛まれないように

自らの死に一人一人が責任を持てるような世の中にしたい

そのような思いで 主にWEB発信、セミナー開催、セラピストとして活動しております。

 

髪と爪に野生のホーステール

【髪と爪に野生のホーステールを頂きます】

野生のホーステールが入荷いたしました

人の手に守られていない過酷な環境で育ったハーブは有効成分が豊富

 

 

ホーステールは、2億7000万年前の

石炭紀に勢いのあった植物なのですが

現在では 石炭になっている植物の直系の子孫です

IMG_2997

折れやすい節間にはシリカが豊富なため

ギリシャ時代から傷を負った人に用いられていました 

 

またホーステールはケイ素を多く含むハーブです。

このケイ素は、骨、歯、髪、爪を健康に

保つための大切な栄養素の一つです。

 

髪や爪がもろくなったような時は

ハーブティーにして召し上がってください

 

ホーステールは
草丈30cmほどの多年草で、

全体が馬の尻尾に似ていることから
英語ではHorsetailの名前が付いています。


老廃物の排出もサポートしてくれるからうれしいハーブです

泌尿器系の感染症にかかりやすい方も

日ごろから食事の一環としてニンニクや生姜と共にお召し上がりください

 

学名:Equisetum arvense

和名:トクサ、スギナ、モンケイ

分類:多年草

原産地:ユーラシア大陸、北米大陸

寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?

【寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?】

 

病いが寛解、あるいは全快なさると

わ~い!とばかりに発病する前の食事内容に戻してしまう方がおられます

 

あんなに闘病中はつらい想いを耐えてこられたのに

終わった~!とばかりにお好きなものを召し上がる方は要注意です

 

なぜなら 

その食生活の末にあなたは病いに倒れたのですよ

IMG_2868

手術で切除しても

投薬で血液データの数値を下げても

また元通りに悪化することは容易に予測できます

 

病いはあなたの食生活に待った!をかけたのではないでしょうか

あなたのカラダからの叫びともいえます

 

あなたの食生活から何を許して何を排除するのか

それは病いの癒える段階や体調のタイミングに応じて変化させることがポイントなのです

 

本日は そのようなご相談に応じておりました

 

どうしようもなく不安を感じる夜

【どうしようもなく不安を感じる夜】

 

一気に重い症状の方が複数人来院されて・・かなり緊張した時期を過ごしておりました

 

病いが重症化している方々は やはり夜になると不安が増すことが多くあります

周囲が暗いと恐くなる

あるいは 目を閉じるのが恐い

(明日 目が覚めることができるのだろうか‥と考えてしまうから)

 

そのようなナーバスな状態で眠ることを極力避けたいのです

なぜなら眠っている間中 

その感情がカラダの全細胞を支配してしまいます

 

わたくし達の脳は そのような間違いを犯してしまいがちなのです

 

そのような心配のある方に関しては

メンタル面でのサポートが重要になります

 

『少しお話しするだけでホッとして、ぐっすりと眠れました』

 

先ほど そのようにメッセージを頂き わたくしもホッと致しました

 

人は夜になるとナーバスになりやすく 

そのようなときに ホッとできる人間関係があればよいのです

 

わたくしどもが心配するのは

お一人で暮らされている方や

ご親族やお友達がおられないか、疎遠になっている方々です

下を向きかけたときに お話できる方がいることは重要なのです

 

クリニックでも できる限りのサポートを致します

画像 旅行 037

闘病中のみな様

どうかお休みになる前は 色々考えてしまうこともおありでしょうが

自身の言葉で『大丈夫!』『信じてるよ』

と脳に聞かせてあげましょう

 

私たちの体内には治癒するための働きを何重にももっています

それらの働きが最大限に効果を出せるように日常の生活の中でサポートいたしましょう

 

そして夜は 自身の体内の治癒力を信じて

眠りにつくのです

 

今夜は満月でしょうか

穏やかな満月をお過ごしください

 

すい臓ガンの治療の前にするべき事

【すい臓ガンの治療の前にすること】

なんて忙しい半月だったのでしょう

気がつけば梅雨入りしておりました😢

 

海外からのクライアント様の訪日に加えて

重症の患者さんが多くて気が抜けない半月でした

 

だけど ようやく皆さまが落ち着いてこられてホッとしています

 

特に1ヶ月前に来院された膵臓癌と診断された男性は、

良性に変わっていたと報告がありました

ほんとうに良かった!

IMG_2865

彼は 奥様に先立たれてお料理ができません

食事のかわりにお菓子や菓子パンを食べていたそうです

 

1番困るパターンでしたが 超カンタンお料理教室😅を開催し、

彼が健康に良いと信じて毎日 食していた食材をやめて頂きました

まずは牛乳です

すい臓には 甘いもの、乳製品、脂っこいものが負担になります

食事の変わりに食べていたお菓子や出来あいの揚げ物は禁止

 

あとはアルコールとタバコのリスクも高いのでご法度です

次に、服用していた薬を全てやめて、

代わりにサプリメント1種類と食事の改善のみで体調を調える期間になりました

 

治療開始までの ほぼ1ヶ月間でしたが 血圧やアミラーゼも安定してきて

おまけに糖尿の値いも下がっておりました

 

生活習慣を調えるって大切ですね

生活習慣を改善できたから 

大好きな喫茶店でコーヒーを飲むことは解禁です

 

風邪なので抗生物質をください

そんなお電話が患者さんからありました

抗生物質などの抗菌薬は
ウイルス性の風邪には効かないのです
だから いらないのです!

消化の良いものを召し上がって、水分をすこしづつ取って良く休めば回復します
風邪は 休めの印ですから。

温かいハチミツレモネードがおすすめ

温かいハチミツレモネードがおすすめ

ですが 
不思議と風邪で病院に行くと処方されています。

果糖で作った柚子ティもいいですね

果糖で作った柚子ティもいいですね

親切なドクターは要らない!と言ってくれるはず
抗生物質は 多用していると耐性菌が増えて
ほんとうに必要なときに効かなくなります

みな様 ご注意くださいね

ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050