カテゴリー別アーカイブ

寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?

【寛解したらいつ頃、以前の食生活に戻してもいいですか?】

 

病いが寛解、あるいは全快なさると

わ~い!とばかりに発病する前の食事内容に戻してしまう方がおられます

 

あんなに闘病中はつらい想いを耐えてこられたのに

終わった~!とばかりにお好きなものを召し上がる方は要注意です

 

なぜなら 

その食生活の末にあなたは病いに倒れたのですよ

IMG_2868

手術で切除しても

投薬で血液データの数値を下げても

また元通りに悪化することは容易に予測できます

 

病いはあなたの食生活に待った!をかけたのではないでしょうか

あなたのカラダからの叫びともいえます

 

あなたの食生活から何を許して何を排除するのか

それは病いの癒える段階や体調のタイミングに応じて変化させることがポイントなのです

 

本日は そのようなご相談に応じておりました

 

どうしようもなく不安を感じる夜

【どうしようもなく不安を感じる夜】

 

一気に重い症状の方が複数人来院されて・・かなり緊張した時期を過ごしておりました

 

病いが重症化している方々は やはり夜になると不安が増すことが多くあります

周囲が暗いと恐くなる

あるいは 目を閉じるのが恐い

(明日 目が覚めることができるのだろうか‥と考えてしまうから)

 

そのようなナーバスな状態で眠ることを極力避けたいのです

なぜなら眠っている間中 

その感情がカラダの全細胞を支配してしまいます

 

わたくし達の脳は そのような間違いを犯してしまいがちなのです

 

そのような心配のある方に関しては

メンタル面でのサポートが重要になります

 

『少しお話しするだけでホッとして、ぐっすりと眠れました』

 

先ほど そのようにメッセージを頂き わたくしもホッと致しました

 

人は夜になるとナーバスになりやすく 

そのようなときに ホッとできる人間関係があればよいのです

 

わたくしどもが心配するのは

お一人で暮らされている方や

ご親族やお友達がおられないか、疎遠になっている方々です

下を向きかけたときに お話できる方がいることは重要なのです

 

クリニックでも できる限りのサポートを致します

画像 旅行 037

闘病中のみな様

どうかお休みになる前は 色々考えてしまうこともおありでしょうが

自身の言葉で『大丈夫!』『信じてるよ』

と脳に聞かせてあげましょう

 

私たちの体内には治癒するための働きを何重にももっています

それらの働きが最大限に効果を出せるように日常の生活の中でサポートいたしましょう

 

そして夜は 自身の体内の治癒力を信じて

眠りにつくのです

 

今夜は満月でしょうか

穏やかな満月をお過ごしください

 

すい臓ガンの治療の前にするべき事

【すい臓ガンの治療の前にすること】

なんて忙しい半月だったのでしょう

気がつけば梅雨入りしておりました😢

 

海外からのクライアント様の訪日に加えて

重症の患者さんが多くて気が抜けない半月でした

 

だけど ようやく皆さまが落ち着いてこられてホッとしています

 

特に1ヶ月前に来院された膵臓癌と診断された男性は、

良性に変わっていたと報告がありました

ほんとうに良かった!

IMG_2865

彼は 奥様に先立たれてお料理ができません

食事のかわりにお菓子や菓子パンを食べていたそうです

 

1番困るパターンでしたが 超カンタンお料理教室😅を開催し、

彼が健康に良いと信じて毎日 食していた食材をやめて頂きました

まずは牛乳です

すい臓には 甘いもの、乳製品、脂っこいものが負担になります

食事の変わりに食べていたお菓子や出来あいの揚げ物は禁止

 

あとはアルコールとタバコのリスクも高いのでご法度です

次に、服用していた薬を全てやめて、

代わりにサプリメント1種類と食事の改善のみで体調を調える期間になりました

 

治療開始までの ほぼ1ヶ月間でしたが 血圧やアミラーゼも安定してきて

おまけに糖尿の値いも下がっておりました

 

生活習慣を調えるって大切ですね

生活習慣を改善できたから 

大好きな喫茶店でコーヒーを飲むことは解禁です

 

風邪なので抗生物質をください

そんなお電話が患者さんからありました

抗生物質などの抗菌薬は
ウイルス性の風邪には効かないのです
だから いらないのです!

消化の良いものを召し上がって、水分をすこしづつ取って良く休めば回復します
風邪は 休めの印ですから。

温かいハチミツレモネードがおすすめ

温かいハチミツレモネードがおすすめ

ですが 
不思議と風邪で病院に行くと処方されています。

果糖で作った柚子ティもいいですね

果糖で作った柚子ティもいいですね

親切なドクターは要らない!と言ってくれるはず
抗生物質は 多用していると耐性菌が増えて
ほんとうに必要なときに効かなくなります

みな様 ご注意くださいね

ダイエットでパーキンソン病の恐れ!?

ダイエットでパーキンソン病の恐れ

ダイエットでパーキンソン病の恐れ

牡蠣は美味しいけれどノロウイルスが恐い場合

牡蠣が美味しい季節ですね

でも 付いて廻るのはノロウイルスの恐怖

不安を感じながらも 牡蠣の美味しさに負けてしまうのは

わたくしだけでしょうか

 

以前、岡山水産試験場でハーブで

牡蠣のノロウイルスを減少させるという発表を致しました

 

ノロウイルスは生牡蠣中毒の原因ウイルスで

牡蠣の体内にいるため水洗しても除くことはできません

100個いれば発病するというつわものです

 

使われたのはオレガノというハーブです

試験場では牡蠣を下水で飼ってウイルスに汚染させ

オレガノの成分を与えたところ

70%の牡蠣が汚染されていたにも関わらず

わずか8%になったと発表されました

 

オレガノは、高い感染予防効果があります

他にも感染予防に高い効果をもたらすものは多々あります

 

その方の状況に応じて使い分けるとよろしいかと存じます

牡蠣を美味しく食べたい方や

海外旅行の際には、携帯しておくと安心ですね

よろしければご相談ください

 

治癒能力を上げるならチョコレート

【チョコレートは発酵食品です】

バレンタインデーにインドネシアでビジネスを展開する友人から

自然の生カカオから作った高カカオのチョコレートをいただきました

高カカオチョコレートは健康に良いので何度かチャレンジ致しました
だけど自然発酵していないから美味しくない

お砂糖と香料と添加物の味しかしない
しかも残留農薬がすごくて残念だった記憶が・・

恐る恐るお口に含んでみてびっくり
美味しい!
薬剤を使わずに発酵してるのね!

生カカオは発酵するとき1000種類以上の香り成分と共に

高分子ポリフェノールを産生します


つまり高い抗酸化作用と共に脳内の

しあわせホルモンの分泌が活性します

キズの治りが早くなる、腸内環境の改善、

血圧調整に関してはヒトでの効果が認められています

ただしチョコレートの品質によりますが

治癒能力の弱い方に関して使用します

 

ただし ミルクチョコレートは論外
太ってしまいます💧

 

オブジーボと免疫療法

製造販売元の小野薬品工業が昨年7月に

医療関係者向けに出した「オプジーボの適正使用について」と題した文書では

オプジーボと他のがん免疫療法を併用して 重篤な副作用が発現した症例が

6例、死亡例が1例あると報告。

〈がん免疫療法との併用について、安全性及び有効性は確立していません〉と警告した。

オブジーボの副作用

オブジーボは 効果のある人もいるが

全く効果のない人もいます

事前に適用かどうかの検査を受けることをおすすめ致します

また オブジーボを過信しないこと

なぜなら オブジーボを投与した患者さんの副作用が気になります

 

甲状腺機能障害

  • いつもより疲れやすい
  • 体重増加や体重減少
  • いらいらするなどいつもと違う行動がある
  • 脱毛
  • 便秘

間質性肺炎に気をつけましょう

  • 息切れ・息苦しい
  • 発熱
  • 痰(たん)のない乾いた咳(空咳(からぜき))
  • 疲労

筋無力症や筋炎

  • 繰り返し運動で疲れやすい
  • 足、腕に力が入らない
  • ものが二重に見える

肝機能障害

  • 皮膚や白目が黄色くなる(黄疸)
  • いつもより疲れやすい

1型糖尿病

  • からだがだるい
  • のどが渇く
  • 意識障害
  • 体重が減る
  • 水を多く飲む
  • 尿の量が増える
  • 吐き気や嘔吐がある

そのほか運動障害や腎臓機能障害、ヒフの障害などがあります

そのほかでも異常を感じたらすぐに主治医に相談することが重要です

 

肺がんにオプシーボ

現在 オプシーボは一番期待できる新薬だと思いますが高価過ぎる

患者の負担も大きいけれど医療保険の破綻はめに見えています

 

以下最新の情報です

 

==================================

 

 

オプジーボ、50%値下げへ 政府、年度内にも がんの高額新薬

 

行政・政治  2016年11月10日 (木)配信共同通信社

 

 

優れた効果はあるものの、極めて価格の高い新型がん治療薬

「オプジーボ」について、政府は9日、本年度中にも薬価を

50%引き下げる方向で最終調整に入った。

対象患者が急拡大し、医療保険財政を圧迫するとの指摘が出ていた。

 

政府は社会保障費の圧縮に向け、医療・介護で高齢者の

負担増なども検討しているが、高額薬の値下げは

一般国民の理解が得やすいと判断したとみられる。

厚生労働省は16日にも開く中央社会保険医療協議会(中医協)の

会合で提案する見通し。

 

厚労省はこれまで、値下げは2017年4月に最大でも

25%にとどめ、18年4月に追加で引き下げる2段階の実施方針を

示していたが、首相官邸などとの協議の結果、時期を前倒しし、

値下げ幅も拡大する方向になった。

 

 

既存の薬価改定ルールのうち、年間販売額が予想以上に増えた場合に

最大50%値下げする特例を援用する考えだ。

 

オプジーボは当初、一部の皮膚がんを対象に保険適用され、

100ミリグラム約73万円の薬価が認められた。その後、

肺がんへの効能追加で対象患者が拡大したが、薬価は見直されていなかった。

 

欧米での価格が日本の半分以下であることから、

経済財政諮問会議の民間議員らから50%以上の引き下げを求める声が出ていた。

 

※オプジーボ

 

「免疫チェックポイント阻害剤」という新しいタイプのがん治療薬で、

点滴で投与する。一般名はニボルマブ。

ヒトの体にはがん細胞などを排除する「免疫」の機能がある一方、

がん細胞への攻撃にブレーキをかける分子もある。

こうした分子の活動を「阻害」することで免疫の力を回復させ、

がん治療に活用する仕組み。

 

国内では小野薬品工業(大阪市)が、2014年9月に発売。

現在の薬価では、患者1人への投与で年間3500万円かかるとされる。

===========================================

 

(記事はお借りしました)

ごあいさつ

大阪府枚方市にある『くずは統合医療クリニック』では、
がん、難治性疾患などでお悩みの患者様の為に、現代医学を基本に植物療法、食事療法など生活習慣の改善により治癒力をUPさせ薬に頼らない健康を築きあげる事を目的としています。

くずは統合医療クリニック

【住所】
〒573-1105 大阪府枚方市南樟葉1-1-27-6F

【ご予約お問い合わせ】
072-836-1050